RITAFOODS

SERVICE

i-Construction

ICTの活用

調査・測量から設計・施工・維持管理までのあらゆるプロセスにおいてICTを活用して生産性向上を図る「i-Construction」。当社でもUAV(ドローン)やレーザースキャナを活用した3次元測量に取り組んでいます。

UAV写真測量

UAV(ドローン)から連続して撮影した写真をSfMソフトで解析することで、地形データを3次元で取得することができます。オリジナルデータ・グラウンドデータ・数値表層モデル(DSM)・数値標高モデル(DEM)といった成果を作成し、様々な場面で利活用しています。

UAVレーザー測量

UAV(ドローン)に搭載したレーザースキャナからレーザーを照射することで地形データを3次元で取得することができます。オリジナルデータ・グラウンドデータ・数値表層モデル(DSM)・数値標高モデル(DEM)といった成果を作成し、様々な場面で利活用しています。

MERIT

  1. 01

    短い現地作業で図面を作成

    UAV写真測量と同じく現地作業時間が短く、取得した3次元点群データから平面図や断面図を作成することができる。

  2. 02

    安全に地形データ取得が可能

    作業員の立ち入りが困難な区域においても、UAVの飛行が可能な場合は地形データを取得することができる。

  3. 03

    レーザーで正確なデータを取得

    植生が繁茂する区域でも地表面までレーザーが届きデータを取得することができる。

  4. 04

    時間短縮で効率アップ

    ダイレクトにデータを取得できるので、解析やデータ処理にかかる時間が短い。

DEM(数値標高モデル)
DSM(数値表層モデル)

OTHER