RITAFOODS

SERVICE

i-Construction

ICTの活用

調査・測量から設計・施工・維持管理までのあらゆるプロセスにおいてICTを活用して生産性向上を図る「i-Construction」。当社でもUAV(ドローン)やレーザースキャナを活用した3次元測量に取り組んでいます。

UAV写真測量

土地の不正確な情報を更新するため一筆毎の土地について所有者・地番・地目を調査し、土地の筆界を測量し一筆の面積を算出します。境界を巡るトラブルの防止、公共事業の効率化やコスト縮減・災害時復旧の迅速化に繋がるほか、GISによる利活用を計ることが可能になります。

UAVレーザー測量

近年、局地的豪雨による災害が頻発しています。水害から地域の生命や財産を守るために河川や砂防施設の整備が必要となります。災害を未然に防ぎ、かつ景観や自然環境に適した計画・設計を提供しています。

MERIT

  1. 01

    短い現地作業で図面を作成

    UAV写真測量と同じく現地作業時間が短く、取得した3次元点群データから平面図や断面図を作成することができる。

  2. 02

    安全に地形データ取得が可能

    作業員の立ち入りが困難な区域においても、UAVの飛行が可能な場合は地形データを取得することができる。

  3. 03

    レーザーで正確なデータを取得

    植生が繁茂する区域でも地表面までレーザーが届きデータを取得することができる。

  4. 04

    時間短縮で効率アップ

    ダイレクトにデータを取得できるので、解析やデータ処理にかかる時間が短い。

DEM(数値標高モデル)
DSM(数値表層モデル)

OTHER